上手に別れを切り出すための5つの方法

mama*net

上手に別れを切り出す方法がわかりません・・・

別れを決心してもいざとなると相手が感情的になったりとなかなか上手く別れを切り出せないですよね。
できれば穏便に別れたいと思うのが世の常でしょう。
今回はどのようにすれば上手に別れ話ができるのかその方法をご紹介します。



1.別れのサインを送っておく

急に言われる別れ話ほど精神的にダメージを与えるものはないでしょう。
急に切り出された相手は冷静さを失って別れ話がもつれてしまう可能性だって大いにあります。
ですので、別れを切り出す前にあらかじめ連絡頻度を減らしたり、素っ気ない態度をするなどサインを送っておきましょう。
そうすることで相手も心の準備をすることができるのです。

2.話し始めたら単刀直入に

別れを切り出す際、遠回しな言い方ばかりして話の内容をうやむやにしてはいけません。
ずばっと単刀直入に「別れよう」と伝えましょう。
別れを決心したのはあなたです。
はっきりした言葉で傷つけたくないからと遠回しな言い方で相手に察してもらおうとするのは、ただのあなたのエゴです。
また、遠回しな言い方をすることで相手に逃げ道を与えてしまい、なかなか別れられないといった事態にもなってしまうでしょう。

3.復縁の可能性を残してはダメ

「嫌いではないけど・・・」
「がんばれば・・・」
こんな風に、まだ関係修復の余地があるような切り出し方は避けましょう。
別れは綺麗事だけでは済まされません。
別れを選ぶからには相手に嫌われる覚悟を持ちましょう。
相手を傷つけたくないからというのはただの言い訳です。
自分のイメージが悪くなるのを恐れているだけです。
本当に相手を思うのならば、きっぱりはっきり別れを切り出しましょう。

4.結論から話す

「○○なところがどうしても受け入れられないから別れたい」
こんな風に、結論から別れ話を切り出すと良いでしょう。
「あなたが○○してくれなかったから・・・」
「もの凄く悩んだんだけど・・・」
と言い訳ばかり並べるのはよしましょう。
言い訳から話を切り出された相手はイライラしてしまい、冷静な話し合いが出来なくなってしまうでしょう。

5.感情的にならない

相手が感情的に問い詰めてきても、冷静さを保ちましょう。
同じように感情的になってしまうと、相手に別れを納得させることができないでしょう。
最悪の場合、相手が暴力に訴えてくることも考えられます。
ここは、相手の主張を冷静に受け止めつつ、断固たる姿勢を貫きましょう。
そうすることで相手も関係修復の余地がないと諦めるでしょう。


いかがでしたでしょうか?

別れ話は非常に心も体も消耗してしまいます。
だからといってきれいに別れようとするのはただのエゴです。
ブレない心を持ってきっぱりとした姿勢ではっきりと伝える事が上手な別れ方の近道なのです。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る