浮気した旦那に高額な慰謝料を支払わせるための5ステップ

mama*net

浮気した旦那に慰謝料を払わせたい・・・

もし、旦那さんが浮気をしていたことが発覚してしまったら・・・。
やはり、別居や離婚という決断をする方が多いようです。
今回は、浮気が原因の離婚で、旦那さんに慰謝料を支払わせるための方法をお伝えします。



1.浮気による慰謝料の相場を知る

実は、慰謝料の金額は明確には決まっていないので、話し合いによって決めるケースがほとんどです。
旦那さんが経済的に豊かな人なら慰謝料を1億円払ってもらうこともできるでしょうが、ほとんどの場合は、過去の裁判を例に慰謝料の金額を決めることが多いようです。
ケースによって金額は変わりますが、旦那さんの浮気、不倫による慰謝料は100~500万円が相場といわれています。

2.高額な慰謝料を支払わせるには?

高額な慰謝料を支払わせるには、下記のポイントをチェックしましょう。

期間
夫婦でいた期間が長ければ長いほど、旦那さんから受けた浮気という裏切り行為による精神的ダメージは大きいといえます。
そのため、夫婦でいた期間の長さによって慰謝料が高額になる傾向があります。

職業
旦那さんが社会的に地位のある職業だったり、収入が高い職業に就いていたりする場合は、支払ってもらえる慰謝料も高額になる傾向があります。

年齢
旦那さんの年齢が高ければ、それだけ慰謝料の金額が高額になる傾向があります。

子供
養育費が必要な子供の数がいれば、その分、慰謝料が高額になる傾向があります。

その他
DVモラハラ、セックスレスなど、浮気のほかにも離婚原因があれば、その分、慰謝料が高額になる傾向があります。

3.浮気の証拠を揃える

浮気で慰謝料を請求するためには、必ず証拠が必要となります。
やはり、証拠として一番有効なのは、旦那さんと浮気相手の浮気現場をおさえた写真や動画です。
最近では、探偵に浮気調査を依頼する夫婦も増えており、都内のある探偵事務所では約20万円ほどで浮気調査を請け負ってくれるそうです。
自分で旦那さんと浮気相手がホテルに出入りしている写真や動画を撮影するというのは、現実的に考えて、ちょっと難しいと思います。
探偵を雇うのはさすがにちょっと・・・。という方も、まずは相談してみてはいかがでしょうか?

4.旦那さんと話し合う

浮気の証拠が揃ったら、まずは話し合いましょう。
もし、直接的に慰謝料に関する話し合いが難しい場合は、一時的に別居するなど距離を置いて、浮気による慰謝料を請求しましょう。
その場合、メールやLINEなどの方が証拠として残るので有効です。
もし、旦那さんが話し合いに応じてくれなかった場合は、内容証明郵便を送付しましょう。これも後々、証拠として有効です。

5.話し合いでダメなら民事訴訟か離婚調停

話し合いでダメなら、民事事件として裁判所に訴えを提起する民事訴訟か、離婚問題と慰謝料問題を同時に解決する離婚調停を申し立てることとなります。
夫婦間での話し合いで決着がつかないようなら、早めに弁護士に相談しましょう。


いかがでしたでしょうか?

旦那さんの浮気による精神的苦痛はとても大きなものです。
そのような精神状態で話し合いをしたり、裁判をしたりすれば、さらに心は疲弊していくことでしょう。
正当な金額の慰謝料を得ることで、少しでも精神的な苦痛が和らげば幸いです。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る