恋人と喧嘩をして別れそうな時に使える3つの仲直りテクニック

mama*net

別れそうな時の仲直り法とは・・・

恋人と喧嘩をしてしまい、なかなか仲直りが出来ずに「別れてしまいそう・・・」と悩んでいませんか?
仲直りできないのはお互いに意地を張ってしまっているからです。
今回は恋人との喧嘩で悩んでいるあなたへとっておきの仲直りテクニックを伝授いたします。



1.自分の主張の中に恋人への愛の言葉を入れる

喧嘩がヒートアップしてしまい、お互いに罵りあってしまったという話はよく耳にしますよね。
相手と分かり合いたいと思ってこその喧嘩なのに、愛のない言葉の応酬をしていては本末転倒です。
仲直りしたいと思うのなら、喧嘩の中でも恋人に対して愛の言葉を伝えるようにしましょう。
「あなたとこんな喧嘩したくないんだよ」
「お前の事こんなに好きなのに!」
など口調が強くなってしまってもいいので愛がある事をまず伝えるのです。
そうすると自然に「私(俺)もだよ」と気持ちに同調が生まれ、喧嘩は別れにまで結びつかなくなるでしょう。

2.スキンシップをとる

こちらも男女問わず有効な仲直りテクニックです。
言い合いが少し収まって、お互いに素直になれずにいる時に行うのがベストです。
少し怒った様子を見せつつも相手に抱きついたり、体を密着させてみましょう。
こうしたスキンシップをとると恋人の意固地になった心を解きほぐす事が出来るのです。
最初はスキンシップを嫌がるかもしれませんが、それでもめげすにくっついていると案外すぐに「もうっ!」とハグをし直してくるでしょう。
時には体を使って愛を伝える事も恋人同士の喧嘩では大切なのです。

3.自分の悪かった部分は正直に謝る

仲直りの鉄則はお互いに自分の至らなかった部分を謝罪することです。
どれだけ相手が悪くても仲直りしたいのならば自分の悪かった部分を率先して謝るようにしましょう。
謝る時はいくらイライラしていても「私の言い方も悪かったね。ごめんね。」「俺もイライラしちゃってごめんね。」と優しい言葉使いで謝罪することがポイントです。
優しい言葉で謝罪を受けると恋人も高ぶっていた感情が一気にクールダウンします。
中には緊張の糸が切れて我慢していた感情が溢れ出てくる方もいますが、それは仲直りしたいという気持ちがあるからです。
溢れでた気持ちはきちんと聞いてあげて「うん。そうだね。」「私(俺)も悪かったね。ごめんね。」となだめてあげると良いでしょう。


いかがでしたでしょうか?

喧嘩になっても、きちんと愛情がある事を伝えれる努力をすれば別れにまで発展せずにすぐに仲直りすることができます。
喧嘩が多いカップルは事前に喧嘩をした時のルールを2人で作っておくと良いでしょう。
そうすることで仲直りのきっかけも掴みやすくなりますよ。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る