要注意!恨みを持たれる恋人との別れ方5選

mama*net

恨みを持たれる恋人との別れ方とは・・・

あなたは恋人と別れる際に恨みを買ってしまった経験はありませんか?
もしかすると知らぬ間に元恋人の心に重症を追わせている可能性もあるのです。
今回は恨みを持たれてしまう恋人との別れ方をみていきましょう。



1.音信不通になる

別れを切り出すのが面倒臭いからという理由でいきなり音信不通になってしまう方がいます。
本人は連絡を拒否することで自然消滅を狙ったり、気持ちを勘づかせようという狙いかもしれませんが、恋人としては溜まったものではないですよね。
相手の身を案じてしまいますし、何より別れの線が引けないので次の恋にも進めなくなってしまいます。
音信不通は相手の時間を無駄にしてしまうのです。

2.イベントの当日に別れを切り出す

別れを切り出すタイミングが計れないため、恋人の誕生日やクリスマスといったイベントの当日に別れを切り出すという方も少なくないようです。
しかし、イベント当日に別れを切り出された恋人は後々そのイベント自体がトラウマになってしまうのです。
自分の誕生日が来る度に嫌な思い出が蘇るなんて、相手の事を恨んでも仕方ないですよね。

3.別れる前に次の恋人を作る

自分の気持ちがもうないからといって正式に別れる前に恋人を作ってしまうのは明らかなルール違反ですよね。
いくら別れるつもりであっても同時進行している時期があれば浮気と変わりはないです。
一人の人間として、せめてきっちり別れてから次にいくぐらいの誠意は持ち合わせていて欲しいものです。

4.ひどい捨て台詞を吐く

別れ際に腹が立ったからといってわざと相手を傷つけるような捨て台詞を吐くのはよしておきましょう。
相手のためでもありますし、何よりそんな事であなたの格を下げてしまうのはもったにないですよ。
特に「○○が気持ち悪いんだよ」「同情してあげてただけ」というように相手の人格や性に関わるセリフは一生消えない傷をつけてしまう事もあります。
人格を否定したり性に関わる暴言は慎みましょう。

5.明らかな嘘をつく

本当の理由を言いたくないからといって明らかな嘘をつかれると相手は納得できません。
最後の時に誰でも分かるような嘘をつかれると「ちゃんとした嘘をつく事すらしてくれないんだ」と今まで一緒に過ごした時間すら全てうわ言のように感じてしまうのです。
せめて納得のできるような優しい嘘をついてほしいですよね。


いかがでしたでしょうか?
恋人との別れ際はどうしても感情が高ぶったり、面倒くさくなってしまうものです。
しかし、一度結んだ縁なのですから恨みをかうような恋人との別れ方はしたくはないですよね。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る