彼女と別れてから沸き起こりやすい5つの後悔

mama*net

彼女と別れて後悔する事とは・・・

彼女と別れてから沸き起こりやすい5つの後悔
恋人と別れると「もっとこうしとけば良かった・・・」と後悔することがありますよね。
男性は彼女と別れてからこのような後悔の念を持ちやすいそうです。
それでは、男性が襲われる後悔の念とはどういうものなのでしょうか。



もっと素直になれば良かった

男性は意地っ張りな方が多いですよね。
喧嘩をした時や彼女が優しくしてくれた時に「意地を張らないでもっと素直になれば良かった」と別れた後で後悔するようです。
また、彼女に良いところを見せようとして「かっこつけたい」というプライドばかりが先行して素直になれない時も多いようです。
彼女と別れて「自分が意地を張らなかったらまだ一緒にいれたのに・・・」という後悔の念に襲われるのです。

もっと「好き」と言えば良かった

日本人の男性は特に恋人への愛情表現が苦手ですよね。
言葉で「好き」と伝える事ができずに彼女に寂しい思いをさせてしまったという男性も多いのではないでしょうか。
言葉にしなくてもわかるだろうというのは結局の所、自分の努力不足の言い訳に過ぎないのです。
彼女と別れて初めて「もっと「好き」と言えば良かった」と後悔するのですね。

もっと話を聞いてあげれば良かった

付き合いも長くなってくると彼女の話を右から左へと聞き流してしまう男性も少なくないでしょう。
女性は男性よりもおしゃべりですが、話の諸所に大切な情報を埋め込んでいます。
大切な話をしているのに、彼氏からそれを聞き流されてしまい、後で確認して「覚えていない」となると心底失望してしまいます。
別れてから「彼女の話を面倒がらずに聞いてあげればこんな事にはならなかったのに」となってしまうんですね。

もっと一緒にいる時間を大切にすれば良かった

女性は恋をすると恋人一直線になり、休日の予定も出来るだけ恋人優先で立てますよね。
一方で男性は恋人よりも自分の趣味や友人との付き合いを優先する傾向があります。
特に付き合いも長くなってくると彼女の存在の大切さを見失ってついつい自分の時間を優先してしまいます。
彼女と別れて初めて彼女との時間がいかに貴重であったかが分かるのですね。

もっと彼女の愛情を素直に受け入れれば良かった

時には彼女の優しさを素直に受け入れられずに、屈折した言葉で恋人を傷付けてしまうこともあるかと思います。
愛され慣れていない男性はいくら愛情表現されても裏切られるのが怖くてその愛を受け取れないという方も少なくないのです。
真っ直ぐな彼女の愛情に困惑して、突っぱねてしまったけれど別れた今となってはその愛情をなぜ素直に受け入れられなかったのか自分の器の小ささに後悔してしまうようです。


いかがでしたでしょうか?

意地を張ったり、素直になれなかったり、大切さを理解できていなかったりと彼女と別れて後悔することはたくさんあるでしょう。
ただクヨクヨと後悔しないで、ぜひこの後悔の念を次の恋に活かしていってくださいね。

どうしても元恋人と別れたことを後悔してしまうという方には、こちらをオススメします。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る