誤解を生みやすい彼氏との別れ方4パターン

mama*net

誤解されてしまう彼氏との別れ方とは・・・

誰しも別れるなら円満に別れたいものですよね。
しかし女性にありがちな言動で彼氏を誤解させてしまいトラブルになってしまうケースも多いのです。
今回は誤解させてしまう彼氏との別れ方についてお伝えします。



1.異性の相談相手の存在を伝える

男心は男性に聞くのが一番ですよね。
彼氏との事を男友達に相談する方も多いのではないでしょうか。
しかし、別れが近い時に異性の相談相手がいることを明かしてしまうと誤解が生じやすいのです。
たとえその男性との間にやましい事がなくても、別れを切り出された彼氏は「二股をかけられた」「乗り換えたのか」という誤解をしてしまいます。
このような誤解は彼氏をストーカーに豹変させてしまう可能性もるので気をつけましょう。

2.「嫌いではない」と伝える

別れ話を切り出した時に「俺の事が嫌いになったの?」と質問された経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
その時にあやふやな返事をしたり「嫌いではない」と伝えてしまうと彼氏はまだ復縁の余地があると誤解してしまいます。
彼氏を傷つけたくないという気持ちも理解できますが、そんな宙ぶらりんの状態にしている方が残酷ですよね。
別れる時はきっぱりと断ち切ってあげましょう。

3.気持ちを全否定する

別れる際「始めから好きじゃなかった」という爆弾を落とす女性を時たま目にします。
このように彼氏に対する気持ちを最後に全否定してしまうと男性側は「弄ばれた」と勘違いしてしまいます。
たとえ本当に好きじゃなかったとしてもこのセリフだけは言わないようにしましょう。
「気持ちに温度差があってしんどくなった」など言葉を変えれば誤解も生じないのです。

4.否定も肯定もしない

別れ話をしている時に彼氏も「こういう事だったの?」「これが原因だったの?」と質問してくるでしょう。
その時に「私が悪いんだからそう思われて当たり前」だと思い、全ての質問に否定も肯定もしない女性がいます。
「悪い私を責めるだけ責めて」というスタンスは自分を悲劇のヒロインにしたいだけの不誠実極まりない対応です。
あなたはただ相手から逃げているだけなのです。
「こんな女だったんだ」と彼氏が誤解しても仕方ないですよね。


いかがでしたでしょうか?

自分の思い込みで暴走したり履き違えた優しさを見せたりすると男性は誤解してしまうのです。
誤解は時に男性をストーカーにしたり暴力に繋がったりしてしまいます。
すっぱりと別れるためにもあなたの言葉ではっきりと別れの理由を告げる努力をしましょう。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る