「別れても好き」に隠されている4つの後悔とその対処法

mama*net

「別れても好き」は後悔してる証拠・・・?

別れても好きな気持ちを断ち切れずに未練を引きずっていませんか?
しかし、好きだという気持ちは幻想かもしれませんよ。
別れに対する後悔と相手に対する期待が「好き」だと錯覚させているのです。



1.「あの喧嘩さえなければ」という後悔

些細な事で喧嘩になりそのまま別れてしまうという事は、よくあることです。
「あの喧嘩さえなければまだ付き合っていたのに」と後悔してしまう事もあるでしょう。
しかし、この後悔があなたの未練の原因になっているのです。
別れの原因を喧嘩のせいにして、「相手もまだ気持ちが残っているだろう」と期待を抱いているから「好き」という気持ちを断ち切れないのです。
視点を変えれば「そのような喧嘩で別れてしまう関係」だったのです。
後悔をする前に別れた現実と向き合いましょう。

2.「もう少し我慢すればよかった」という後悔

彼の許容できない部分に目をつぶれず小言を言ってしまったり、結婚に煮え切らない彼に焦りを感じたり、浮気をされて許せなかったりと「もう少し我慢すれば、恋人と別れなかったのに」と思う時がありますよね。
しかし、現実にあなたは我慢できない程追い詰められていたのです。
我慢できたとして、あなたの我慢の上でしか成り立たない関係を続けていて幸せなのでしょうか?
答えはノーですよね。
「我慢すればよかった」というのはただの結果論です。
後悔をして未練を感じる前に「我慢できないくらい追い詰めた」恋人の行動に目を向けましょう。

3.「あの人以上の人はいない」という後悔

社会的地位や収入、性格、容姿など条件のよい恋人と別れた場合、「もうあの人以上の人は現れない」と後悔してしまうケースがあります。
また、非常に優しくて相性の良かった恋人と別れた際も同様の後悔をしますよね。
しかし、同じ条件の異性なんて世の中にたくさんいますし、優しくて相性の良い異性も山ほどいます。
あなたは「逃した魚は大きかった」症候群にかかっているのです。
別れると相手の良い部分が美化されてしまうものです。
しかし、何か欠点があったりあなたとの相性が悪かったから別れる事になったんですよね。
別れたという事はあなたに合った人ではなかったという事なのです。

4.「もう恋人ができないかも」という後悔

案外多いのが、こちらの「この人と縁が切れたらもう恋人ができないかもしれない」という後悔です。
恋人を作る自信の無さから「好きだ」という自己暗示をかけて過去の恋にしがみついてしまうのです。
しかし、無理をしてまで恋人と一緒にいる事が本当に幸せなのでしょうか?
一度は付き合ったから復縁できるだろうと相手に期待して未練を引きずるよりもその他大勢の中から新しく好きな人を見つける方が簡単です。
後悔して未練を引きずるのではなく、自信が持てる自分になる努力をしなければ新しい一歩はいつまでも踏み出せないのです。


いかがでしたでしょうか?

恋人と別れた後は様々な後悔に襲われます。
しかし、後悔は裏を返せば「それさえなければ別れなかった」いう期待です。
相手に期待を持つからいつまでも自分の中の「好き」と決別できないのです。
「別れても好き」という未練を感じた時は自分の中の後悔と期待に目を向けてみましょう。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る