誤解を生まずにお別れメールで上手に別れるための4つのポイント

mama*net

お別れメールで上手に別れるポイントとは?

言葉だけのメールは誤解が生まれやすくなります。
こちらは別れたつもりでも相手はただの喧嘩と受け取ってしまう時もあるのです。
今回は誤解を生まずにメールで上手に別れるためのポイントをお伝えします。



1.メールで別れ話をする理由を書く

いきなりメールで別れを告げられると相手は「不誠実」だと怒りを覚えてしまいます。
無駄に相手を怒りモードにさせて誤解を生んでしまわないように、メールの冒頭にはメールで別れ話をする事についての謝罪と理由を書きましょう。
「いきなりメールでごめんね。会うとあなたにきつい事言ってしまいそうだし、私自身が辛くなるから、メールで話をさせてもらいます」
このように冒頭で伝える事で、相手も別れメールを受け入れやすくなるのです。

2.別れを考えた理由をきっちり書く

次に別れを決意したいきさつをきっちり書きましょう。
別れの理由が書かれていないと相手は別れを具体的なものとして捉える事ができず、反論や疑問ばかり感じてしまいます。
「お別れしましょう。さようなら」だけでは、何かの冗談だと判断して、お別れメールを本気に受け取ってくれなくなるのです。

3.本題はストレートな表現で

本題のお別れする事を決意した旨、気持ちは変わる事はない旨はストレートに書きましょう。
この部分を遠回しな表現であいまいにしてしまうと相手は自分の都合の良いように解釈してただの喧嘩だと思い込んでしまいます。
きちんと「別れ」「恋愛感情はない」「気持ちは固い」という単語をそのままの表現で伝えましょう。
間違っても「嫌いになったわけじゃない」と言うように期待を持たせる言葉は使ってはいけません。

4.目的を「別れ」にだけ集中させる

お別れメールを送る時に目的を見失っている人が多々います。
別れるために送ったはずなのに、気がついたら相手を非難する事が目的になってしまっているのです。
今までのうっぷんを晴らすが如く、相手が傷つくような言葉を列挙してしまうのです。
メールを送信した瞬間は清々しい気持ちになるかもしれませんが、後から後悔したり、相手から返り討ちにあってしまう場合もあります。
トラブルなく別れるためにも、目的は「別れる」事だけに集中しましょう。


いかがでしたでしょうか?

誤解を生まずにメールで上手に別れるためには、「必要以上に怒らせない」「別れを具体的に感じさせる」「相手に逃げ道を与えない」の3点に注意しましょう。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る