悪縁切りの際に気をつけておくべき5つの行動

悪縁切りに必要なことってどんなこと?

悪縁を切るのには、自分の強い意志の力が必要かな、でも私には…。
そう思ってる人が大半だと思いますが、実はそうではありません。
意思は必要ですが、意志は強くなくてもいいのです。
では、強い意志なしに悪縁と別れるには、どうすればいいのでしょう?
今回は、5つのアプローチ方法を紹介します。

時には誰かに頼ってみる

ひとりで悩んで、抱え込んで、溜息をついている姿を友人は心配します。
もしかしたら誰も手助けはしてくれないかもしれません。
それは、あなたからの、あなたの言葉でのヘルプを待っているのです。

もちろん、グイグイ引っ張ってくれる友人もいるでしょう。
でも、あなたが助けを求めなければ、あなたの心の中までは見えません。

勇気を出して、頼りたい、助けて欲しいと話してみましょう。
あなたを本当に助けたい人が、身近にいるかもしれません。

疎遠になるには時間が必要

悪縁とどれだけ遠ざかろうと頑張っても、無理なこともあります。
疎遠にはシャットダウンとフェードアウトの2種類があります。
どちらにせよ、明日明後日で疎遠になるのは難しいでしょう。

お互いに悪意どころか関心すらさほど抱かなくなるのが疎遠です。
相手にとっては持久戦かもしれませんが、あなたにとっては過去。

そのうちどうでもよくなる日が来ます、それが本当の疎遠です。

占いに凝りすぎない

女性は追い詰まっているときほど占いの情報を懸命に探してしまいます。
それが悪いとは言い切れませんが、凝りすぎには注意しましょう。

占いの結果が最高=必ず悪縁を断ち切れる、ではないのです。
良い結果が出れば心は休まり、励まされるでしょう。
悪い結果が出たらみるみる心は暗くションボリしていきます。

真に受けつつも、心の片隅で気にする程度に留めておきましょう。
そのときの心の持ちようは、きっと今後の生活にも活きるでしょう。 

結果を焦らない

今すぐどうしてもこの悪縁から解き放たれたい!
そう右往左往しても、現実的に無理なことも沢山あります。

解き放たれたいのは皆一緒、出来ればすぐにと思うのも一緒です。
でも、焦ってしまうと、かえって周囲の大事なサインを見逃すかもしれません。

焦りは禁物とは言いますが、それが難しいから古く残る言葉なのです。
深呼吸をして、出来るだけ平常心でを心がけてください。

「大丈夫。ゆっくり。」と、自分の心に言い聞かせて、無理なストレスを心に与えないようにしましょう。 

逃げることが必要なとき

親から「嫌なことから逃げてはいけません」と諭された人は多いです。
ですが、それは大人として成長するために必要なことだったからです。

自分のライフスタイルを壊す悪縁からは、全力で逃げてもいいのです。
あなたの心や体に危害を加えるとわかっているならなおのことです。

けっして、逃げた自分を責めたりしないでください。
一生消えない傷にしないためにも、時には逃げることも大切です。


悪縁と一緒に良縁が切れてしまったように感じてしまうかもしれません。
ですが、人生に必要な人は、縁が再開したり、残ったりするのです。
良質なご縁だけを残すことがどれだけ不可能であっても、大丈夫です。
あなたの人生に本当に必要な人とのご縁は、必ず取り戻せる日が来ます。

どうかあなたがいつか幸せなご縁に囲まれて生活できますように。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする