恋人と好きだけど別れた・・辛い現実を受け入れるための4つのポイント

mama*net

好きだけど別れた・・・そこにある現実とは

中にはお互いに気持ちが残っていて別れるカップルもいます。
このように「好きだけど別れた」カップルの多くは相手に期待を残しやすい傾向があります。
しかし、そこには期待を捨てるべき4つの現実があるのです。



1.未来を愛せなかったという現実

別れを選択するという事は二人の未来を愛する事を放棄したという事です。
つまり、今のあなたは好きだけど、未来のあなたを愛せなかったという事なのです。
そして、別れを受け入れたあなたもまた、恋人との未来を愛さなかったのです。
別れた当初の「好き」はもう過去形なのです。
二人の間にはもう愛はなくなっているという現実を受け止めましょう。

2.辛さを乗り越えられなかった現実

気持ちがあっても、辛い事に耐えられずに別れを選ぶ事もあります。
その時に重要なのは「好き」という感情ではなく、辛さを乗り越えられなかったという事なのです。
いくら未練や「好き」という感情に期待しても、辛さを取り除けなければ元には戻れないし、同じ事を繰り返してしまいます。
相手に期待を持ってしまう前に、辛さを乗り越えられなかった現実を受け入れましょう。

3.好きのレベルが下がった現実

好きと一言で言っても、その内容は様々です。
情熱的に相手を求める好きもあれば、友達としての好き、嫌いではないの好きなど同じ好きでもレベルが変わってきます。
果たして相手が別れ際に言った好きは異性として求める好きだったのでしょうか。
もしかすると「友達や人間として好きだけど異性としては好きではない」「嫌いではないから好きと言っておこう」という好きなのかもしれません。
いずれにしても別れを選択した時点で、相手の好きは交際当初の好きよりレベルが下がっているのです。
あなたの好きと一緒に考えてはいけないのです。

4.優先順位の1位ではなかったという現実

恋愛をしていると様々な障害が出てきます。
仕事の忙しさや親の反対などで恋愛を続けていく事を諦める事もあるでしょう。
例え「好き」という気持ちが残っていても、あなたへの愛の優先順位が一番ではなかったから、別れを決意する事になったのです。
一番にあなたの事を考えていたら、乗り越えるために力を尽くして、絶対に手を離す事などしません。
「私の立場を守ってくれるため」と言っても、言い換えれば二人の愛は立場に負けたのです。
二人が愛よりも他の事を優先させたという現実を受け止めましょう。


いかがでしたでしょうか?

「好きだけど別れた」というケースの場合、どうしても別れた時に「好き」という気持ちが残っていた事にだけこだわってしまいます。
しかし、交際を続けられなかった原因が存在し、愛はそれに勝てなかったのです。
過去の感情にとらわれすぎて、事実を履き違えてしまわないように気をつけましょう。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る