失恋した相手を見返す時にしてはいけない4つのNG

mama*net

失恋した相手を見返す時のNG行動とは?

失恋した相手を見返すといって心の炎をメラメラさせていませんか?
しかし、時に見返したいという気持ちがあなたをダメにしてしまう事もあります。
今回は見返す時にしてはいけない事についてお伝えいたします。


mama*net

条件に固執する

元彼や元カノを見返そうとして、よりレベルの高い恋人を探す事は悪くありません。
しかし、人間の良さは、家柄や肩書、収入などの条件では決められません。
条件と人柄、性格、外見全て合わさってその人の魅力になります。
条件だけで恋人探しをしていると、あなたに本当に必要な人間を見落としてしまうでしょう。
結果的に不毛な恋愛ばかり繰り返して、不幸せになってしまうのです。
愛のない恋愛はお互いの貴重な時間を無駄にするだけです。
元恋人もそんなあなたを見て、痛々しい気持ちで同情してしまうでしょう。

外面ばかりを磨く

特に女性はキレイになって相手を見返そうという気持ちが強くなるものです。
しかし、キレイを外面の美しさだけだと勘違いしてしまうとあなたは不細工になってしまうでしょう。
外面を磨く事は大切ですし、キレイを手に入れるには手っ取り早いですよね。
ですが、外面ばかりで中身が疎かになると単なる「空っぽ」な人間になります。
異性にはちやほやされるようになるでしょうが、中身のない人間を愛する人などいません。
内面のキレイを疎かにすると、あなたは誰からも愛されなくなるでしょう。
それでは本末転倒ですよね。
キレイになりたければ、自己啓発も必要なんですよ。

憎しみを持つ

「自分を振って傷つけた人間なんて不幸になればいい!」と思いますよね。
このように思う分に関しては良いのですが、相手の事を憎むのはやめましょう。
憎しみは憎しみを生みます。
憎しみからはキレイは生まれません。
あなたは元恋人を憎しめば憎しむほど醜くなっていくでしょう。
また、憎しみは愛と表裏一体です。
相手や相手を愛していた自分に愛着が残っているから、憎しみも生まれるのです。
相手はもうあなたの事など頭にないのに、あなただけ憎しみに駆られていたら、その時点であなたの負けです。
本当の意味での見返すは「元恋人の事を忘れるくらい自分の心や生活を満たす」事なんですよ。

相手とレベルを競う

元々職場で切磋琢磨する仲であれば、これからもライバルとして成長し合えるのですが、全く違う分野の人間同士なのに、過剰なライバル意識を持ってしまうと危険です。
「相手も成功しているから私も頑張ろう」という気持ちになる事は良い事です。
しかし、「彼が○○したから、私はさらにレベルの高い○○をする」というように何かとレベルを競い出すと、あなたは物事の本質を忘れてしまうでしょう。
レベルや元恋人に勝つ事だけにこだわっていると自分らしさを置き去りにしてしまいます。
また、物事の価値観がマヒして、肩書や数字だけでしか判断できないつまらない人間になってしまうでしょう。


いかがでしたでしょうか?

失恋後の見返す気持ちがダメな方向に働くのは、「自分」を見失ってしまうからです。
相手への対抗心ばかりに気を取られていると、あなたの幸せはどんどん遠ざかっていくでしょう。
相手を見返したいのなら、まずは自分を見つめ直しましょう。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
トップへ戻る