恋人と別れた直後は要注意!!傷付きたくない症候群の4つの症状

mama*net

恋人と別れた直後は自己防衛に必死になる?

恋人と別れた直後は、しばらく恋愛はしたくないと思ってしまいますよね。
恋愛をする気になれないのは、傷付きたくない症候群が原因かもしれません。
自己防衛に必死になっていると運命の恋も逃げてしまいます。



頭で恋愛するようになる

傷付きたくない症候群にかかると、心ではなく頭で恋愛をしようとしてしまいます。
恋愛で傷付く事を極端に恐れてしまうので、心のままに行動出来ないのです。
失恋で得た偏った知識ばかりで頭でっかちになってしまい、「こうなったらこうなるから諦めよう」「これ以上好きになると辛くなるから好きにならないようにしよう」と型にはめた考えになってしまいます。
相手も窮屈ですし、自分も窮屈なので恋愛は長続きせず、長続きしなかった理由を、「やっぱりこうなった」と片付けてしまいます。
自分で自分の恋をダメにして、その事に気づけないようになるのです。

理性で感情を制御する

感情のままに恋愛を始めて失恋し、傷ついたので、感情を押さえ込むようになります。
感情を優先するとまた辛い思いをしてしまうと感じるからです。
理性で感情を制御しようとするので、そこに大きな葛藤が生まれます。
感情というのは、自分が認めてあげるまでそこに居続けます。
理性で制御するほど、自分の中の感情は膨れ上がって、余計に辛くなってしまうのです。
ですが、その辛さを「感情がある」せいにしてしまいます。
さらに理性的になって、さらに自分を追い込んでいくのです。

異性を敵にしてしまう

傷付きたくない症候群にかかると、失恋した原因を相手や周囲の環境に押し付けてしまうようになります。
自分の失敗で失恋したと思うと辛くなるので、他者に責任転嫁して、自己防衛するのです。
自分が選んだ恋がダメだったと思いたくないから、恋全体を否定して、異性全体を敵対視するようになるのです。
「男はみんなこうだから」「女がいるから傷付く」というように過大解釈するようになるのです。
男性不信や女性不信は一種の自己防衛の結果なのです。

別れに向き合えないから誰とも向き合えない

傷付きたくない症候群の方は、自分の辛さと向き合う事が出来ません。
辛い現実を受け入れられず、別れと正面から向き合えないのです。
別れと向き合えないでいると、いつまで経っても傷つけられた記憶だけが残ります。
傷つけられた記憶が鮮明に頭にあるので、誰とも向き合う事が出来ません。
たとえ好意を持てる相手が現れても、その人と正面から向き合えず、恋を台なしにしてしまうのです。


いかがでしたでしょうか?

傷付きたくない症候群にかかると厄介なのが、自分を守った結果恋がダメになっても、ダメになった理由を恋愛や相手のせいにしてしまう点です。
自分で自分の恋を遠ざけている事に気づけないので、どんどん恋愛出来ない体質になってしまうのです。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る