恋人に別れの理由を告げない時の4つの心理

mama*net

別れの理由を告げない時の心理とは・・・

別れを告げられた時、どんなに理由を聞いても「ごめんなさい」の一言だけ・・・。
なんて言う場面を経験した方も多いのではないでしょうか?

一方的に理由も分からずに振られた方は納得できませんよね。
では、なぜこのように別れの理由を言わないのでしょうか。
今回はその深層心理に迫りたいと思います。



1.良い人でいたい

誰しも人から悪く思われるのは嫌ですよね。
一度愛し合った人だからこそ、その人の中で悪者になりたくない、良い人でい続けたいという心理が働くのでしょう。

しかし、それは単なる自己防衛に過ぎません。
本音を伝えない事は一見すると相手への優しさに見えますが、実はただ単に弱い自分を守りたいだけなのです。

2.面倒臭い

別れの理由を伝える事で、喧嘩になったり泣き喚かれるのを面倒に感じて、言葉を濁す事もあるようです。
特に、相手がヒステリックな場合に多い心理パターンと言えます。


別れ際はお互いに感情的になってしまうものです。


最後だからこそお互いのためにもしっかり話し合いたいと思うのですが、
相手への気持ちが無くなると極力面倒臭い事は避けて通りたいのかもしれませんね。

3.嫌われたくない

これは男性に多い心理パターンです。
「自分には気持ちが無くなったけれど、相手からは好かれていたい」と思う男性は意外と多いようです。


別れた彼女が今でも自分の事を好きだと思いがちなのは男性心理でよく聞く話ですよね。
相手の事を真剣に思っているなら、きっぱりと別れの理由を伝える事こそ次へ進ませる優しさなのではないでしょうか。


自分ばかり好かれていたいなんて身勝手ですよね。

4.弱さを知っているからこその優しさ

相手が精神的に弱い事を知っていると、別れの理由を伝える事で相手が立ち直れなかったり、精神的に不安定になることを恐れてしまいます。
また、最悪の場合も考えてしまいますよね。


どういうものが本当の優しさと思うのかは人ぞれぞれ違いますが、傷つけたくないからこその優しさもあるのです。
理由を教えてもらえないあなたは不服に思うでしょうが、あなたが大切な存在だったからこそ、最後の優しさで理由を伝えない事もあるのです。


いかがだったでしょうか。

別れの理由を伝えないという行動の背景には、よく思われたいという身勝手な気持ちから相手を想う優しさまで様々な心理が働いているのですね。
相手がどんな気持ちから話してくれないのかは、あなた達が積み重ねてきた日々を思い返すことで次第に理解できるのではないでしょうか。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る