あとになって後悔する別れの引き金になってしまったフレーズ5選

mama*net

後悔しないために気を付けるべき別れの原因になる一言とは・・・?

恋人と口論になると感情的になってしまい思ってもない言葉をぶつけてしまう事もあるかと思います。
しかし、時にはその一言が別れに繋がってしまう事もあるようです。



1.「好きかどうかわからない」

これを言われるといくら感情的になっていても胸にグサリときますよね。
恋人関係は好きという感情が大前提です。
好きかどうかわからないのであれば別れようとなってしまいます。

2.「一緒にいても楽しくない」

いくら付き合いがマンネリになっていてもこの一言は言ってはいけません。
「楽しくないなら一緒にいても意味ない」と相手の感情を逆撫でするだけです。
マンネリした関係が嫌なら、自分から色々提案したりお互いに話し合うなど改善策をこうじましょう。

3.「本当は私のこと好きじゃないんでしょ!」

もし自分がこの言葉を言われたらどのような気持ちになりますか?
「今まで一緒に過ごした時間はなんだったのか」
「そんなに自分のことが信用できないのか」
付き合ってきた全てが無意味なものに感じてしまいますよね。
好きだから付き合っているのにその気持ちさえも否定されてしまったら交際を諦めてしまうかもしれません。

4.「仕事と私どっちが大切なの?」

こちらはよく耳にする言葉ですよね。
実際にこんな事言う人がいるのかと思われるかもしれませんが、女性は感情的になるとポロッと言ってしまう方も少なくないようです。
男性はこの一言をもの凄く嫌います。
そもそも仕事と恋愛を同じ天秤では測れないし、彼女や生活のためにしている仕事の事を責められるとどうしようもないですよね。

5.「距離を置きたい」

寂しさやすれ違いから一旦恋人と距離を置いてお互い見つめなおそうと思ったはずなのに・・・。
結局それが原因で自然消滅してしまったり逆に寂しさを募らせてしまったりしてしまうようです。

この一言の裏には
「もっと構って欲しい」
「距離を置くなんて嫌だと言って欲しい」
という感情が隠されている場合があります。

しかし、男性は言葉の裏を読まずにそのまま受け止めてしまいがちです。
寂しいのであればかまをかけないで、ストレートに相手と向き合って受け止めてもらいましょう。

 


いかがでしたでしょうか?

本当は大好きでずっと一緒にいたいのに、喧嘩の勢いで相手を打ちのめしてやろうと思って放った一言が破局の引き金にもなってしまいます。
どれだけ腹が立っていても恋人と付き合っていきたい気持ちがあるのならば不用意な一言は言わないように心掛けましょう。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る