「好きなのに別れた」に隠された本当の理由5つ

mama*net

「好きなのに別れた」に隠された本音とは・・・?

お互いに好きだから一緒にいたいと思うのは当然ですが、世の中には好きなのに別れを選ぶ恋人達も大勢います。
遠距離やすれ違いなど綺麗事で隠された裏には実はもっと本質的な別れの理由があるのです。



1.恋愛対象として好きではなくなった

「好き」には大きく2種類あります。
人間としての「好き」と恋愛対象としての「好き」です。
恋は盲目と言われるほど、恋愛の「好き」は相手の短所をも全て受け入れられるほどのパワーを持っています。
この「好き」があるうちはどんな事でも乗り越える事ができるのです。
しかし、別れを選ぶと言うことは恋愛対象として「好き」ではなくなったからです。
人間としては好きだけれど恋愛を続けていけない時に「好きだけど別れたい」という言葉が出てくるんですね。

2.精神的に余裕がない

人間は生きている限り様々なストレスにさらされます。
仕事関係や人間関係などで悩み心が病気になってしまうと、全ての事を自分からシャットアウトしたくなります。
恋人とコミュニケーションをとることすら苦痛になり辛くなってしまうのです。
恋人がこのような状態になった時はそっと優しく見守ってあげましょう。

3.体の相性が合わない

いくら心を通わせ合っていても恋愛には体の触れ合いもとても大切です。
恋人の片方が性交渉に対して嫌悪感を抱いていたり、体の相性が合わないために性的な関係を持つことが出来ないと相手はフラストレーションが溜まってしまいます。
気持ちがあれば大丈夫というのは本当に極稀なパターンです。
好きだからこそ体を交えたいという欲求を抑えられないし、相性が合わない事が苦痛になってしまうのです。

4.恋愛感情が他に移った

恋人の事を嫌いになった訳ではないけれど、他にもっと好きな人ができてしまった。つまり他好きが本当の理由であることもあります。
「好きだけど・・・」と綺麗な言葉で飾っていますが、結局は恋愛感情が他に移ったのです。

5.実は本命が他にいる

恋人の中には、彼女がいたり既婚者であることを隠したまま付き合っている方もいます。
「好きだけど・・・」と未練を残した言い方をしていますが、遊びの相手を切りたいか体だけの関係を続けたい時の都合の良い言葉です。
そんな人とはさっさと別れましょう。

 


いかがでしたでしょうか?

「好きだけど・・・」と綺麗事で終わらせようとしている裏にはこんな本当の理由が隠されているのです。
相手の言葉を真に受けて未練を残さないように気をつけたいですね。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りのご相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定のご相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る