別れは辛いもの。別れの辛さと上手に付き合う5つの方法

mama*net

別れは辛い。だからこそ・・・

別れに涙はつきもの、それが一方的に告げられ終わったものなら尚更です。
そんなあなたには、ひたすら泣き通すときがあってもいいと思います。
今回はいくつかのキーワードとともに、涙を流せる方法を紹介します。



1.忘れられない

終わってしまったことだけれど、そんなに簡単に忘れることが出来るなら、それは遊び。

本当に心から好きだった人を忘れられない、それはごく普通のことです。

一刻も早く思い出にしなければいけないなんて、誰が決めたのでしょう。
忘れられないのがマイナスだなんて思わずに、泣きながら慕情に暮れてもいいのです。

あなたにとっては、それだけの価値があり、それだけの出来事だったのです。

2.思い出に浸りたい

別れてしまった彼との思い出は、決して全てが幸せなものではなかったかもしれません。
でも、いい思い出も苦い思い出も、大好きだった彼とふたりで作ったものです。

貰ったプレゼントを手にしたり、身につけたり、思い出の曲を聴いてみたり…
女々しいと他人が笑おうとも、その時間の価値はあなただけが知っています。

外では無理に笑っているあなただからこそ、涙の時間も必要なのです。

3.未練がある

一方的に終わった別れなら、未練があるのが当然で、ないほうが不自然です。
未練がましい?寧ろ今のあなたには褒め言葉と受け取ってもいいでしょう。

未練も抱けないような半端な恋をしていなかったから、心が感じるのです。

別に、自分の未練を吹聴するわけではないのです。

部屋でひとり思い出しながら涙することは、いつだってあなたの自由なのです。

 

4.後悔がある

後悔しても遅いとか、後悔するくらいなら別れるななど、世間の声は辛辣です。

けれども、起こってしまった現実がそこにはあり、それはふたりだけの問題。

後戻り出来る場合と出来ない場合がありますし、出来るなら後戻りしたいのは普通。
出来ない場合なら、今を後悔に暮れる時間として神様がくれたのかもしれません。

ゆっくり涙とともに、後悔に浸る、それはあなたにとって大切な時間になるでしょう。

5.自己嫌悪

自分を責めることを勧めるわけではありませんが、責めてはいけないという声が多いです。

ですが、自分を責めてしまいたいときは誰にでも等しく、必ず訪れます。

たまにはそんなときがあっていいと思いますし、今がそのときなのでしょう。
案外、責めたいだけ責めた後はスッキリする人も多く、前を向くタイミングにもなります。

ただし、自責で行動に移すのはいけません。それは落ち着いて冷静な判断の後です。


今、このときの悲しみが過去のものになるまでの時間は、誰にも決められません。
どう頑張って時を定めても、それを過去として笑えるようになるとは限りません。

だから今は、その悲しみを心と体いっぱいに感じて、浸って、涙してもいいのです。
新しい恋心が自分に芽生えたとき、今の悲しみは知らぬ間に過去となっているでしょう。

それまでの少しの時間を大切に出来た人は、次の恋も大切に出来ると思います。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る