別れの言葉が今後の恋愛に悪影響を及ぼす5つのケース

mama*net

今後の恋愛に悪影響になる別れの言葉とは?

良くも悪くも印象に残る別れの言葉ってありますよね。
自分の成長に繋がる言葉もあれば、「もう恋はしたくない」と思う言葉もあります。
今回は今後の恋愛に悪影響を及ぼしてしまう別れの言葉をご紹介します。



1.図星を突かれる言葉

自分で「これではダメだな」と思っている事ってありますよね。
どういう性格が災いして恋愛が長続きしないのか自分なりに自覚があるけれど、どうしても変われない部分って誰しもが持っているものです。
別れ際に「あなたは一人でも平気な人だから」「冷たい人」「可愛いげがない」など直したくても直せない部分の図星を突かれると深く傷がついてしまいます。
その結果、「恋愛には向いていない」「もう恋愛するのは疲れた」と恋に消極的になってしまうのです。

2.今までの気持ちを全て否定する言葉

「本当は好きじゃなかった」「どうしても好きになれなかった」などと言われてしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。
好きという気持ちさえ否定されてしまったら、今まで一緒に過ごした時間が全て嘘になってしまいます。
これから新しい出会いがあっても、相手の好きという気持ちを素直に受け入れられなかったり、恋愛に対して自信が持てなくなってしまうのです。

3.自分の気持ちを否定される言葉

「あなたは私の事を好きじゃなかった」「あなたは人を好きになれない人」というように、自分の好きという感情を否定されてしまうケースもあります。
自分なりに精一杯愛情表現した結果、このような別れの言葉を残されてしまうと、「人を好きになる資格がない」「自分は人を傷つけてしまう」と恋愛する事を諦めてしまうのです。

4.長所を否定される言葉

良くあるのが、付き合っている時は「あなたの優しい所が好き」と言われていたのに別れ際に「優しすぎる所が嫌だった」と言われてしまうケースです。
長所だと思っていた事が別れの言葉でどんでん返しにあってしまうのです。
自分の信じていた事を否定されてしまうので、相手の自信を根こそぎ奪ってしまう言葉なのです。
長所を否定されると、自分を見失ってしまい、今後恋愛の仕方が分からなくなってしまいます。

5.コンプレックスを攻撃する言葉

毛深い所や顔のパーツ、薄毛など、人は何かしらのコンプレックスを抱えて生きています。
コンプレックスは言い換えればその人の心のウィークポイントです。
コンプレックスを攻撃されてしまうと立ち直れない程のダメージをくらってしまうのです。
別れの言葉で「薄毛に耐えられなかった」などコンプレックスを直接攻撃されると心は瀕死の状態になってしまいます。
異性に対する苦手意識を持ってしまったり、恋愛自体がトラウマになってしまう可能性があるのです。


いかがでしたでしょうか?

別れの言葉次第で人は今後の恋愛への取り組み方が変わってきます。
今回ご紹介した言葉は相手を傷つけて恋愛に消極的にさせてしまうものばかりです。
傷つけるためにわざと使うのか、傷つけないように使わないようにするのかはあなたの気持ち次第なのです。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る