元恋人をストーカーにしてしまうダメな別れの方法4選

mama*net

恋人をストーカーに豹変させてしまう別れの方法とは?

近年、当たり前のように耳にするようになったのが元恋人からのストーカー被害です。
ストーカーは許されない行為ですが、そうさせてしまったのは別れ方に原因があるかもしれません。
別れの方法によっては元恋人をストーカーに豹変させてしまうので気をつけましょう。



他の異性の存在を臭わせる

別れ際に「他に好きな人が出来たから」と素直に暴露してしまう方って多いですよね。
せめてもの誠意と思って本当の事を話しているのかもしれませんが、他好きでの別れは恋人にとって一番傷付きます。
だって自分の価値が新しい相手より低いって言われてるのと同じなのですから。
プライドをズタズタに傷つけられた元恋人はあなたへの報復を考えはじめます。
また、その異性さえいなければまた元に戻れるという思考回路が働きます。
元恋人はあなただけではなく、新しい相手にまで危害を加えるようになるでしょう。
正直が必ずしも正しいとは限りません。
相手を傷つけない別れの方法を考えてください。

連絡を無視する

別れ話をするとしつこくされるからといって、いきなり連絡を無視するのは危険です。
音信不通にして別れようと考えている方もいらっしゃるでしょうが、それは出来るだけ避けた方が良いでしょう。
連絡を無視されると、不安が不安を煽り、鬼のように連絡してしまいませんか?
連絡の無視というのは、ストーカー気質でない人間までもストーカーにしてしまうのです。
不安が怒りに変わると危険です。
「俺の事舐めやがって」と感じると、ストーカー行為はエスカレートしていくでしょう。

他者に仲介してもらう

自分だけでは別れる勇気がない人は、友達や家族に仲介してもらうという方もいますよね。
危険なのは、あなたが同行せずに、仲介者だけで恋人に別れを伝えるという方法です。
恋人にとって一番受け入れがたいのは、あなたの心変わりです。
気持ちがなくなったという事実を受け入れられず、それを責任転嫁し始めます。
つまり、「別れる事になったのは、この仲介してきたやつらのせいだ」「相手はまだ自分の事が好きなはずだ」という思考回路が生まれるのです。
あなたにストーカーするだけではなく、仲介者を排除しようとするので、下手をすると大きな事件にまで発展してしまうのです。

好きではないとはっきり言わない

優しさを履き違えている人が本当に大勢います。
好きではなくなった事をはっきり言うと相手が傷付くと思って、自分の気持ちを曖昧に伝えてしまうのです。
「嫌いではない」という言葉も同じです。
相手に期待を持たせてしまうと、元恋人は頑張ればあなたとやり直せると思って、付きまとうようになるのです。
突き放す事も優しさです。
きちんと自分の気持ちはもうないという事を伝えましょう。


いかがでしたでしょうか?

自分本位な別れ方や分かってくれるだろうという安易な考えを持ってしまうと、元恋人をストーカーにさせてしまいます。
相手の性格も考慮しつつ、最善な別れの方法は何かしっかり考えてから行動してください。


どうしても別れさせたい縁がある、結びたい縁があるという方は、こちらへお進みください。

別れの神様の神オシ

【呪い代行】縁結び・縁切りの無料相談はコチラ

【運気アップ】占い・鑑定の無料相談はコチラ

【電話カレシ】話題沸騰!電話だけの恋人サービスが登場!!

【愚痴・お悩み】100円で24時間対応の愚痴聞きサービスをお試し

【復縁マニュアル】7つのステップでもう一度好きにさせる方法

【ゲッターズ飯田】運の鍛え方を教えます

【恋愛タイプ診断】1分でわかる!別れの神様式恋愛タイプ診断
コチラの記事もオススメです
トップへ戻る